神戸のクリニックでプロペシアを処方された恩恵

プロペシアを服用する生活になり、間もなく5年目

/ 神戸市東灘区 芦屋市 吉岡クリニック

年齢が30歳になった頃と同時期にプロペシアを服用する生活になり、間もなく5年目の節目を迎える事になりますが、そもそも用いるようになったのは自分自身の頭髪が少しずつ薄くなり始めている様子が気がかりになったためです。
個人差はありますが、当方の事例では20歳から鏡を見るのが苦痛に感じてしまったり、友人知人から指摘されてしまう事が増えました。
当時はまだ大学生という事もあり、人の目を気にして育毛効果が高いと謳い文句が掲げられている育毛シャンプーをドラッグストアでこっそりと購入したり、洗う時には合わせて買い求めたブラシを使って洗うといった工夫をしてみましたが、突出して良い恩恵が受けられずにいました。
良い効果が感じられない上に改善に向けた兆候が見受けられないのは自分が一番理解していましたが、他にやるべき事がわからなかったので半ば諦めつつも惰性的に使い続ける日々でした。

プロペシアを服用する生活になり、間もなく5年目 : 番組内でAGAの特集で紹介されていたプロペシア : 親や兄弟が皆AGAになっていても自分だけは大丈夫

@fried_oimosan ジェネリックか。プロペシア神戸最安7000円ちょいでフィンペ約1500円。安上がりでいいね

— セルフィーおじさん(ぱし)꧁꧂ (@PacifistJpn) 2012年3月5日